トップページ > cocojobマガジン > 自分から仕事を探すのはめんどくさい!そんな時に活用したいサイトをご紹介【PR】

受注者向け

自分から仕事を探すのはめんどくさい!そんな時に活用したいサイトをご紹介【PR】

cocojobをご利用の皆様こん○○は。
今回はちょっとめんどくさがりやな受注者(クラウドワーカー)への紹介です。

 

当サイトではクラウドワークスやランサーズ、さぶみっと!、Job-Hub各サイトのお仕事情報をまとめて紹介していますが、仕事は受注したいけど探すのはめんどくさいという方もいらっしゃる事でしょう。

そこでご紹介したいのは、
当サイトとネーミングセンスが似ていますが全く別サイトのcoconala(以下ココナラ)というサイトです。

 

ココナラとは?

ココナラは、クラウドソーシングサイトに近くてそうでもないという微妙な位置付けですが、
ここでは受注者(クラウドワーカー)が自分の得意分野をアピールできるシステムになっています。

その得意分野に対して仕事を依頼する事ができるという、今までとは真逆のパターンで、
受注者は得意分野を書き、値段を決めて掲載するだけで後は発注者から仕事を待つだけです。

 

文章を書く事が得意な人はクラウドソーシングサイトで、記事を投稿したりするお仕事に応募していたと思います。

 

しかしココナラでは真逆で記事を書くのが得意だよ!

こういうジャンルでこういう文章が書けるよ!

詳しくはサンプルを見てね!

・・・と、自分をアピールし、不特定多数の発注者から仕事をもらう立場となります。

 

しかも高い取引件数!

各サイト共に発注・受注の取引件数は非公開ですが、
私の利用状況からクラウドワークスは推定100万件の応募、ランサーズは20万件の応募が毎月あるようです。

しかしながら応募=必ずしも取引成立には結びつかないため、
仮に10%が成立したと考えると、各サイトでは2万から10万件の成立がされていると考えられます。

 

今回ご紹介したココナラはワンクリック発注であるため実際の数字から取引件数が見えてしまうのですが、
推定15万件/月となっており、クラウドワークスやランサーズよりも実は高い取引件数を誇っています。

 

他サイトと比べまだ新しいカタチのサービスですが、
私も何回かお世話になっており、これからの発展に期待したいところです。

coconala(ココナラ)
http://coconala.com/