トップページ > cocojobマガジン > コピペしてない?されてない?文章はチェックされている!

受注者向け

コピペしてない?されてない?文章はチェックされている!

cocojobをご利用の皆様こん○○は。
アンケートや情報収集ができる人気のタスク方式について受注者(クラウドワーカー)へのアドバイスです。

タスク方式とは設問を用意する依頼方法で、タイトルと本文そして質問を用意するだけの簡単な依頼方法で、
その中でも文章を考えて記事を投稿するタスクは人気のジャンルです。

それもそのはず。自分が知っている知識を書いて投稿するだけですから。

 

記事の投稿でなぜか承認されない!

 

そう思われたあなたは日常的にニュースサイトやGoogleで情報を調べる事に偏っていないか考えてみてください。

 

非承認の殆どが「ルールを無視している」「他人の記事を盗作している」かのいずれかですが、
今回注目したいのは後者の「記事の盗用」についてです。

 

ここではクラウドワークスを参考に挙げますが、
タスク作業を行う受注者(クラウドワーカー)は一般ユーザーの中でも初心者に近く、
以前の記事でも紹介したように年齢層は主婦や学生が多いと感じました。

そのため記事の盗用、と書くと大袈裟に思えるかもしれませんが、
手短なところから文章を拝借し、他人のブログの内容を簡単にアレンジした記事が世の中にはゴマンと出回っています。

そこで登場するのがコピペチェッカーです。
クラウドワークスでは文章のコピペ率を識別するシステムがタスク方式には導入されており、
多くの文章が他のサイトからコピー&ペーストされた文章ではないかチェックする機能があります。

例:クラウドワークスのコピペチェッカー

クラウドワークスのコピペチェッカー

 

ただ、この機能はあまり成熟していないのか、コピペ率が実際とかなりかけ離れているのが現状です。
複数の他サイトを取り込んで、文章がオリジナルかどうかチェックする仕組みのため、
コピペではないのに高いコピペ率と表示されてしまう事があります。

 

ではどうすれば良いのか?

 

文章の流れ、言い回しは人によって大きく異なっています。

著者を例に挙げると「とりあえず」「例えば」「まずは」「〜的」を乱用しがちで、
日常の会話でも気付くとよく使っているようで、他人から「こいつは何を言っているんだ?」、
と思われているようですが、それもそのはず。他の方はまずそのような単語を使う事がないからです。

 

そこがポイントです。

 

オリジナリティとは「その人自身の文章」や「言い回し」が必要不可欠で、
平均化されたネットの文章を参考しながら当たり障りのない言い回しはコピペと同じ扱いをされるためです。

 

もちろん読み手にとって意図が伝わらなければ意味がないので注意しなければなりませんが、
記事を投稿するようなタスク作業ではできるだけ「自分の言い回し」を心がけながら投稿してください。

 

きっと発注者にとってあなたの文章をオリジナルに感じる事ができるでしょう。